「ファン衝撃」 元独代表エジル、引退9か月後の“驚くべき肉体変化”が海外反響「これは驚いた」

今年3月に現役引退を発表したメスト・エジル【写真:Getty Images】
今年3月に現役引退を発表したメスト・エジル【写真:Getty Images】

鍛え上げられた腹筋が露わになった体型に驚きの声

 今年3月に現役を退いた元ドイツ代表MFメスト・エジル氏の肉体変化が海外で反響。引退9か月後の姿がSNS上で出回ると、鍛え上げられた腹筋が露わになったその体型に驚きの声が続々と上がり、海外メディアも「驚くべき肉体変化」と熱視線を送っている。

【PR】プレミア見るならABEMA! 三笘薫や遠藤航の活躍が、スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 エジル氏は現役時代、スペイン1部レアル・マドリードやイングランド1部アーセナル、ドイツ1部ヴェルダー・ブレーメンなど欧州名門クラブで活躍。利き足の左足から創造性あふれるプレーを繰り出したことから“オズの魔法使い”の異名を取った。

 ドイツ代表として92試合33得点の成績を残し、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)では世界一にも輝いたエジル氏は今年3月22日、現役引退を発表。34歳にして現役生活にピリオドを打ち、約9か月が経過したなか、SNS上で拡散された肉体変貌が反響を呼んでいる。

 その姿に海外メディアが続々と反応したなかで、海外サッカーサイト「Football Express」は「引退後の驚くべき肉体変化」と見出しを打ち熱視線。英メディア「talkSPORT」でも「ファンに衝撃を与えた」と身体の変化が伝えられ、実際にSNS上では「これは驚いた」「すごい変化」との声が並んだ。

「talkSPORT」によると、パーソナルトレーナーのアルパー・アクサック氏が自身のインスタグラム上にアップしたエジルの肉体変貌の1枚に対しては、SNS上で現役復帰を望む声も寄せられたといい、その反響の大きさを窺わせていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング