クロップ監督、ペップとの因縁対決に…最高の一戦になると自信 「この試合のチケットを100%買う」

ドイツではそれぞれドルトムントとバイエルンを率い、数々の死闘を繰り広げる

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は31日にマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督と因縁の対決を迎えるが、「もしも私がベンチに座っていないのなら、この試合のチケットを100%買う」と宣言。最高の一戦になると自信を覗かせている。

 今季2位に躍進するリバプールを率いる闘将は宿敵と対峙する。日本代表MF香川真司の所属するドルトムントを率いたクロップ氏は昨季までバイエルンを率いたグアルディオラ監督と数々の死闘を繰り広げた。

 2010、11年シーズンにブンデスリーガ連覇を果たしたが、圧倒的な資金力を誇るバイエルンにポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェらエース級を次々に引き抜かれる苦渋を味わった。

 ブンデスリーガを代表した二人のカリスマ監督は、プレミアに舞台を移して対峙することになる。2位リバプール、3位シティという上位対決だが、攻撃的なフットボールを体現する両チームのバトルは観衆を魅了する名勝負になりそうだ。

 

page1 page2

トレンド

ランキング