4戦白星なしのレスター 岡崎はサンダーランド戦で6試合ぶりの先発落ちと英紙予想 

批判の集まるヴァーディはスタメン予想に名を連ねる

 レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が、3日の敵地サンダーランド戦でリーグ戦6試合ぶりに先発落ちとなる可能性が浮上した。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

 岡崎は10月22日のクリスタル・パレス戦(3-1)から、リーグ戦5試合連続で先発出場を果たしてきた。この5試合でチームは1勝2分2敗という状況で、4試合勝ち星から遠ざかっている。

 降格圏のハル・シティとの勝ち点差がわずか2の14位という窮状から、最下位サンダーランドとの対決で、クラウディオ・ラニエリ監督は前線にテコ入れする可能性が浮上している。

 2トップはイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと今季新加入のアルジェリア代表FWイスラム・スリマニとなる可能性が浮上している。今季レスター史上最高額の移籍金3000万ユーロ(約36億円)で加入したスリマニは、股関節の故障で戦線離脱していた。

 岡崎は26日の前節ミドルスブラ戦で奮闘。バー直撃のオーバーヘッド弾を放つなど見せ場を作った。不発の続くヴァーディに対する批判の声がメディアで高まるなかで、侍ストライカーは久々にベンチ行きとなるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

トレンド

ランキング