アーセナルに大打撃… 足首の負傷が癒えないカソルラが手術を決断、3カ月の離脱へ

10月のCLルドゴレツ戦で負傷 来週にスウェーデンで手術へ

 アーセナルのスペイン代表MFサンティ・カソルラが足首の故障で手術を受けることが発覚し、3カ月の離脱を強いられることが明らかになった。アーセナルが公式サイトで発表した。

 カソルラは6-0で勝利した10月19日のUEFAチャンピオンズリーグのルドゴレツ(ブルガリア)戦で途中交代していた。足底筋腱の故障でリハビリを続けていたが、思うように回復せず、来週スウェーデンで手術を受けることが決まった。離脱期間は3カ月と見込まれている。

 カソルラは今季の公式戦11試合出場2得点。中盤の底で正確無比なパスワークを見せ、開幕から攻撃のリズムを作ってきた。流動的な攻撃を生み出す中盤のマエストロを失ったことで、アーセン・ベンゲル監督は現在、ボランチの組み合わせに苦慮している。首位チェルシーと勝ち点3差で4位のアーセナルだが、カソルラの長期離脱によって2003-04シーズン以来の優勝に向けて大きな打撃を受けることになった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング