日本女子、「スリリングな展開」で惜敗 スウェーデンMF興奮「信じられない。魔法のよう」

チーム2点目を決めたスウェーデン女子のフィリッパ・アンゲルダル【写真:ロイター】
チーム2点目を決めたスウェーデン女子のフィリッパ・アンゲルダル【写真:ロイター】

アンゲルダルは準決勝進出に興奮

 スウェーデン女子代表は8月11日、オーストラリアとニュージーランドで共催中の女子ワールドカップ(W杯)準々決勝でなでしこジャパン(日本女子代表)と対戦。2-1で2011年女王を下し、スペインとの準決勝に駒を進めた。スウェーデンメディアは「スリリングな試合」と伝えている。

 試合は前半32分、スウェーデンがセットプレーから波状攻撃を仕掛け、最後はゴール前のこぼれ球をDFアマンダ・イルステッドが蹴り込んで先制に成功する。

 1点リードで迎えた後半立ち上がり、スウェーデンはコーナーキックからゴール前の混戦で、目の前でコースが変わったボールがMF長野風花の手にヒット。プレーは流れたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言でオンフィールドレビューに。その結果、PKと判定されて後半6分にMFフィリッパ・アンゲルダルが追加点を奪った。

 少しずつ敵陣でのプレー回数を増やした日本は後半23分にMF長谷川唯がペナルティーエリア内まで進出してシュートを放つも枠外。3分後には長野のパスからMF藤野あおばがシュートを放つも相手GKに阻まれた。そして後半29分に植木がドリブルで切り込むと相手のファウルを誘い、PKを獲得。しかし、自ら狙った植木のシュートはクロスバーを直撃して真下に跳ねたもののゴールラインを割っておらずゴールにはならなかった。

 1点が遠い試合になった日本だが、諦めずに攻撃を続けると後半42分にMF清家貴子のクロスがこぼれたところに走り込んだMF林穂之香が蹴り込み、途中出場の2人が絡んで1点を返した。しかし、このままタイムアップとなり、スウェーデンが2-1で接戦を制した。

 スウェーデン紙「Goteborgs-Posten」は「スウェーデン、衝撃的な日本戦を経てW杯準決勝へ」と見出しを打ち、「スウェーデンは準決勝でスペインと対戦する。スリリングな展開の末に日本が負けたということだ。残り30分間、日本は今大会序盤に見せていたプレーを徐々に見せ始めた。同時に、スウェーデンもよく守り、GKゼチラ・ムソビッチを中心にゴールを守るために全力を尽くした」と伝えた。

 チーム2点目をPKで決めたアンゲルダルは、「信じられない。魔法のようだ。私たちは懸命に練習し、自分たちがやりたいサッカーをしている。そして準決勝まで勝ち上がった」と興奮冷めやらぬ様子で語っていたという。

 スウェーデンは8月15日、オランダを破ったスペインと準決勝で対戦する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド