36年ぶりW杯のカナダは「最高な形で準備をスタート」 日本代表戦に海外注目「相馬には驚かされたが…」

海外メディアがカナダ代表に注目【写真:ロイター】
海外メディアがカナダ代表に注目【写真:ロイター】

相馬勇紀のゴールで日本が先制も、終了間際のPKで逆転負け

 日本代表は現地時間11月17日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイでカナダ代表と国際親善試合を実施。カタール・ワールドカップ(W杯)前ラストの実戦機会は、1-2の敗戦に終わった。海外メディアはカナダの仕上がりに注目し、「最高な形で準備をスタートした」と伝えている。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 日本はコンディションに不安を抱えるDF冨安健洋、MF遠藤航、MF守田英正をベースキャンプ地であるカタールのドーハに残し、MF三笘薫も合流できていない状況で試合に臨んだ。立ち上がりからボールを支配したなか前半9分、MF柴崎岳からの浮き球パスに反応したMF相馬勇紀が右足で合わせ、先制ゴールを奪った。

 しかし日本は徐々に自陣でプレーする時間が長くなり前半21分、右コーナーキックからゴール正面でDFスティーブン・ビトリアに合わせられ失点。その後は効果的な攻撃を繰り出せない時間が続き、後半に入るとMF堂安律、FW上田綺世、MF鎌田大地らをピッチに送り込んだ。しかし、逆に日本は後半アディショナルタイムにPKを献上。これをFWルーカス・カバリーニに決められて1-2で敗戦となった。

 フランスメディア「Foot Mercato」は「カナダが日本を支配」として、カナダの勝利を速報。「日本と対戦したカナダは、ベルギー代表、モロッコ代表、クロアチア代表とのグループリーグに向けて、最高な形で準備をスタートした」と伝え、「相馬(勇紀)の最初のゴールには驚かされたが、カナダは最後の瞬間に勝利をつかみ取った」としている。

 日本にとっては内容的にも満足できない一戦となったなか、36年ぶりW杯出場のカナダの順調な調整にスポットライトが当てられていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング