玉田圭司が見たW杯メンバー、26人は「予想どおり」 FW古橋の落選に持論「生かす術が日本代表にない」

W杯メンバー落選となった古橋享梧【写真:Getty Images】
W杯メンバー落選となった古橋享梧【写真:Getty Images】

【専門家の目|玉田圭司】カタールW杯メンバー選考に見解、大迫や古橋の落選「驚きはなし」

 カタール・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表メンバー26名が発表された。主軸選手が順当に選ばれた一方、メンバー入りが叶わなかった一部選手の落選にさまざまな議論も巻き起こったなか、かつて、名古屋グランパスや柏レイソルで活躍し、W杯2大会連続出場経験を持つ元日本代表FW玉田圭司氏に、メンバー選考の印象を訊いた。(取材・構成=FOOTBALL ZONE編集部)

   ◇   ◇   ◇   

 日本代表の本大会メンバー26人の顔ぶれは大方、予想の範疇だった一方、森保ジャパンの主力メンバーとされてきたFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)やMF原口元気(ウニオン・ベルリン)、FW古橋亨梧(セルティック)の落選というサプライズも。そんななかで、玉田氏は「僕の中では思っていたとおりの26人でした」と見解を示し、1トップのエースへ君臨してきた大迫のメンバー外についても、驚きではないことを示した。

「直近の代表活動には招集されていなくて、9月のアメリカ戦、エクアドル戦で森保(一)監督の中ではある程度、戦い方の目途がついたというか、納得いく戦い方ができたのかなという印象を受けました。五分五分、もしくは、入らない可能性のほうが高いんじゃないかなというふうに思っていたので、驚きはありません」

 同じFW枠では、古橋の落選も大きなトピックに。所属するスコットランド1部セルティックでは、加入2年目の今季もチームのエース格として存在感を発揮。ここぞの勝負強さが光るなかでの落選は驚きのニュースとして取り上げられたものの、玉田氏は「予想どおり」と語り、その理由を日本代表の戦い方を引き合いに説いている。

「彼を生かす術が今の日本代表にはないと思っています。セルティックでやっている時はその得点力への期待度はチーム1、2を争うと言えます。ただそれはイコール、チームがゲームを支配する戦い方ができているからこそで、その中でチャンスを決め切る力があるのが古橋選手だと思うんです。今の日本代表だと1、2回のチャンスをどうモノにしていくか。FWには前線からのプレス、あるいは、起点になる役割が求められている。そう考えると古橋選手が入る位置が見当たらないなというのが率直な印象です」

 日本は今月20日に開幕するカタールW杯のグループEでドイツ(同11位)、コスタリカ(同31位)、スペイン(同7位)と対戦。本大会優勝経験国であるドイツ、スペインの2強が同居する厳しいグループとなったなかで、玉田氏は「スペイン、ドイツをリスペクトしたうえでの人選のようにも見える」とも指摘。それでも「自分たちがどれくらいやれるのかという力を図るチャンスだと思うので、後ろ髪を引かれているようなサッカーをしてほしくない。勝つためにどうすればいいのか、チームで共通意識を持ちながら戦ってほしい」と期待を寄せた。

[プロフィール]
玉田圭司(たまだ・けいじ)/1980年4月11日生まれ、千葉県出身。名門・習志野高校から99年に柏レイソルへ入団。プロ5年目で主力に定着し、2桁得点をマークした。2004年に日本代表へ初招集。名古屋グランパスへ移籍した06年にはドイツW杯へ出場し、第3戦ブラジル戦でゴールを決めた。10年南アフリカ大会でW杯2大会連続出場。国際Aマッチ通算72試合16得点を記録した。セレッソ大阪、V・ファーレン長崎にも所属し、Jリーグ通算511試合131得点した左利きのストライカー。21年に現役引退を引退した。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング