レアル、バルサ戦で“えぐい”ロングカウンター弾に賛辞 「スーパーなパス、突破力、決定力」

先制ゴールを決めたカリム・ベンゼマ【写真:ロイター】
先制ゴールを決めたカリム・ベンゼマ【写真:ロイター】

世界注目のエル・クラシコ、前半12分にベンゼマが先制ゴール

 現地時間10月16日に行われたスペイン1部のラ・リーガ第9節で、レアル・マドリードとFCバルセロナが対戦。注目のエル・クラシコは、前半12分にロングカウンターからレアルのエースFWカリム・ベンゼマが先制ゴールを叩き込んだ。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 レアルはベンゼマ、FWヴィニシウス・ジュニオール、MFフェデリコ・バルベルデが前線に並んだ一方、バルセロナはFWロベルト・レバンドフスキ、FWウスマン・デンベレ、FWハフィーニャらを先発した。

 両チームが迫力十分の攻撃を繰り出すなか、スコアが動いたのは前半12分だった。レアルが自陣エリア前から細かくパスをつなぐと、MFトニ・クロースのスルーパスからヴィニシウスが抜け出し、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンに一度止められるも、こぼれ球に反応したベンゼマが冷静に流し込んでレアルが先制した。

 スポーツチャンネル「DAZN」がレアルの先制ゴールを映像付きで紹介すると、「素晴らしいカウンター」「スーパーなスルーパス、スーパーな突破力、スーパーな決定力」「カウンターえぐいな」と賛辞が寄せられている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング