日本×エクアドル、0-0でハーフタイムへ 南野&古橋でチャンス生まれず…後半の采配に注目

エクアドル戦は0-0で後半へ【写真:Getty Images】
エクアドル戦は0-0で後半へ【写真:Getty Images】

W杯メンバー発表前ラスト、強化試合でエクアドルと対戦

 日本代表は9月27日にドイツ・デュッセルドルフでエクアドルと国際親善試合を実施。南米予選を突破してカタール・ワールドカップ(W杯)に出場する相手と前半を0-0で終えた。

 日本は23日のアメリカ戦を終えてからDF冨安健洋が所属のアーセナルの事情により離脱。試合中に負傷したGK権田修一もチームを離れているなかで、森保一監督はスタメン11人を総入れ替え。それでもシステムは4-2-3-1に据え置いて試合に臨んだ。

 日本はアメリカ戦同様に相手ボール時にはMF南野拓実がFW古橋亨梧と並んで2トップのように前線からプレッシャーをかける姿勢を見せたが、エクアドルが後方を3枚に変化させつつ、ボールの受け際で日本のプレッシャーを受けながらもキープして展開する技術と強さを見せたことで、それほど高い位置でボールを奪えなかった。

 そのため、日本は自陣で相手の攻撃を受ける形が増えてしまった。それでもGKシュミット・ダニエルをはじめとした最終ラインの奮闘もあり、決定的なピンチを与えずに試合を進めた。一方で攻撃に関しては、両サイドハーフのMF堂安律やMF三笘薫がスピードアップしようかというところをファウルで止められてしまう場面もあり、シュートまでつなげる形がなかなか作れなかった。

 試合全体としては膠着したまま両者無得点でハーフタイムを迎えた。後半、アメリカ戦で力を見せた選手たちを投入するのかどうかの采配にも注目される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング