バロンドール落選メッシ、“推し”の受賞候補プレーヤー告白 「疑いの余地はない」

PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:ロイター】
PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:ロイター】

本命視されているレアルのエースFWカリム・ベンゼマの受賞を予想

 フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」は、8月12日に2022年のバロンドールの候補者30人を発表した。昨年の受賞者であり、史上最多7度の受賞を果たしているパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、この30人の候補者に入らなかった。メッシの選外は2005年以来のこととなるが、スペイン1部バルセロナ出身のメッシが、今年の受賞候補に推したのは、古巣の最大のライバルであるレアル・マドリードのエースだった。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 メッシに加え、ブラジル代表で10番をつけるPSGのFWネイマールも30名の候補者から外れた一方で、バイエルン・ミュンヘンからバルセロナへ移籍したポーランド代表FWロベルト・レベンドフスキ、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドといった常連選手がノミネートされた。また、トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンはアジア人で唯一、30人のリストに名を連ねている。

 そうしたなか、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とリーガ・エスパニョーラで2冠を獲得したレアルからは、エースのフランス代表FWカリム・ベンゼマを含め6選手がノミネート。今年の受賞者は、ベンゼマが本命視されているが、メッシも異論はないようだ。

 メッシは「疑いの余地はないと思うよ。ベンゼマは明らかに素晴らしい1年を過ごしたからね。CL優勝という結果を得たし、ラウンド16以降のすべての試合で決定的な存在だった。今年の受賞に関しては、疑いはないと思うよ」と、レアルの9番の受賞を推した。

 昨年、メッシが受賞した際には、2位に終わった現バルセロナの9番であるレバンドフスキが不満を口にしていたが、そのことについては「誰もが言いたいことを言えばいいし、彼も彼自身の考えを言いたいように言えばいい。正直なところ、僕は彼が何を言ったか分かっていないし、同時に重要だとも思わなかった。それだけだよ。彼は何を言ってもいいし、そのことに僕は興味ない」と、コメントした。

 メッシは、新型コロナウイルスの影響により、表彰がなくなった2020年はレバンドフスキが受賞するべきだったと発言していた。そのことが誤解を生んだ可能性を指摘されると、「その時に言った言葉は、自分の本心だったし、そう感じていたから言ったんだ。バロンドールに値したと言ったのは、1年前の彼はベストだったからだ。僕が受賞した年、僕はベストではなかったかもしれない。それも僕は言っている。でも、彼が受け取りたいように、受け取ればいいさ」と、レバンドフスキの考えは意に介していない様子だった。

 PSG加入1年目で、なかなか本来の輝きを見せることができなかったメッシだが、2023年は再びバロンドールの受賞候補者に戻れるか、今シーズンのパフォーマンスに期待が懸かる。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」