家長昭博のハードタックル「明らかにファウル」 元レフェリー家本氏が断言…主審の“好判断”も深掘り解説

元国際審判員・プロフェッショナルレフェリーの家本氏【写真:FOOTBALL ZONE】
元国際審判員・プロフェッショナルレフェリーの家本氏【写真:FOOTBALL ZONE】

家本政明氏、川崎×横浜FM戦でオンライン同時視聴イベントを開催

 スポーツチャンネル「DAZN」の番組「Jリーグ ジャッジリプレイ」でも活躍する元国際審判員・プロフェッショナルレフェリーの家本政明氏が、8月7日のJ1リーグ第24節の川崎フロンターレ対横浜F・マリノス戦で「家本政明LABO」というオンライン同時視聴イベントを開催。前半13分、川崎FW家長昭博の激しいタックルに「明らかにファウル」と断言しつつ、レフェリー目線で激しいコンタクトシーンを解説している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 両チームが序盤から激しい攻防を繰り広げるなか、横浜FMの右サイドでDF永戸勝也がボールを保持し、川崎FW家長が前線から寄せて球際でタックル。足ごとボールを蹴る形となり、永戸はピッチに倒れた。

「家本政明LABO」でライブ配信している家本氏は、「今のはファウルでしょうね。ボールを蹴る時にうしろからコンタクトに行っている。明らかにファウル」と断言。その一方、木村博之主審が流した判断にも注目し、「木村さんはそう(ファウルと)見なかったのでしょう」と続け、家長と永戸のコンタクトシーンに注目している。

「主審は、これ(コンタクトシーン)をどうするか。少しテンションが上がり始めている。ここで(家長から)足に強いコンタクトがあったうえで、足と一緒に(タックルに)いっている。映像を見る限りはフリーキック(FK)」と見つつ、木村主審の判断も観戦ポイントに挙げた。

「木村(主審)さんの中ではアドバンテージとなる。バランスを考えた時、どうしたいのかというサッカー観を考える、感じるのが大事」と指摘。「どちらかと言うとFK、60~80%というのが映像を見た印象。ただ、どちらでもいいというのを取らなかった。選手も気にせず自分のやるべきことに集中している。木村さんも選手がそうであるのを分かっている」と、スムーズな試合進行に言及した。

 激しいコンタクトを流した主審の好判断について、家本氏は「選手たちがどう受け止めているか。当事者もそうだし、チームメイトや相手選手もどう感じているか」と語るなど、元レフェリーの独自目線で鋭い分析をしている。

■【オンラインイベント情報】

元プロフェッショナルレフェリー家本政明が主催する「家本政明LABO」
J1リーグ第24節「川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス」
オンライン配信イベント「ぶっちゃけLABO」

家本氏が独自のレフェリー視点でリアルタイム解説!
皆様の意見・質問に対して、「忖度ゼロ、NGなし」のぶっちゃけ回答!

開催日時
8月7日(日)夜6時55分ライブ

イベント詳細
https://iemotolabo.base.shop/items/65263326

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

家本政明

いえもと・まさあき/1973年生まれ、広島県出身。同志社大学卒業後の1996年にJリーグの京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)に入社し、運営業務などに携わりつつ、1級審判員を取得。2002年からJ2、04年からJ1で主審を務め、05年から日本サッカー協会のスペシャルレフェリー(現プロフェッショナルレフェリー)となった。J1通算338試合、J2通算176試合、J3通算2試合、リーグカップ通算62試合で主審を担当し、J通算516試合担当は主審として歴代最多。2021年12月4日に行われたJ1第38節の横浜F・マリノス対川崎フロンターレ戦で勇退。今年からJリーグのフットボール本部・フットボール企画戦略部のマネージャーに就任した。レフェリー目線で試合を解説し、質問に対して忖度ゼロ・NGなしで回答するオンライン配信イベント「家本政明ぶっちゃけLABO」も大好評。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」