スペイン&ドイツとの「力の差は明白」 “死の組”入りの森保ジャパンに韓国識者が言及

スペインとドイツと同じE組に入った日本【写真:高橋 学】
スペインとドイツと同じE組に入った日本【写真:高橋 学】

新旧タレントが融合したスペイン、第1ポット級の力を持つドイツと対戦国は強力

 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ組分けが発表され、日本はスペイン、ドイツ、コスタリカまたはニュージーランドと同居する“死の組”に入った。韓国の解説委員は、日本の厳しい戦いを予測している。韓国ポータルサイト「ネイト」が伝えた。

 日本はW杯アジア最終予選をB組2位で通過し、FIFAランキングを基にポット分けされて実施された抽選会では第3ポットに入った。E組は、第1ポットから2010年の南アフリカ大会を制したスペイン、第2ポットから優勝4回を誇るドイツが組み分けられる厳しいグループとなり、さらに第3ポットから日本、第4ポットには北中米カリブ海のコスタリカと、オセアニアのニュージーランドによる大陸間プレーオフの勝者が名を連ねた。

 ドイツは実力的に第1ポットでもおかしくない強豪で、E組は事実上、第1ポットが2チームいるという形となり、日本の立場からは“死の組”とも言われている。

 韓国スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」のインタビューで、韓国の解説委員であるハン・ジュンヒ氏、チャン・ジヒョン氏は母国の韓国以外に日本に関しても言及している。

 チャン・ジヒョン解説委員は「見たとおり、日本は容易ではない組に編成された」と前置きしたうえで、「スペインは(19歳の)ペドリと(17歳の)ガビの成長が著しい。(33歳のセルヒオ・)ブスケッツ、(30歳の)コケら新旧のバランスもいい。前線の決定力は懸念材料だが、強いのは間違いない。ドイツは4強以上の戦力だ。日本は大陸間プレーオフの勝者との対戦で必ず勝利しないといけない。スペインとドイツの対決の結果に注目しなければならない。日本はデュエルし、泥臭い戦いをしなければいけない」と分析した。

 また、ハン・ジュンヒ解説委員の「スペインとドイツのいい状態を考えると、異変を予想するのは難しい。力の差は明白だ」と日本の劣勢について触れている。

 森保一監督率いる日本代表は、スペイン、ドイツという世界トップクラスの国を相手に、W杯の大舞台で勝利できるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング