「日本には勝てる」 スペイン、ドイツ同居の“死の組”入りを速報 「突破するグループになった」

日本代表はドイツ、スペインと同組に【写真:AP】
日本代表はドイツ、スペインと同組に【写真:AP】

コスタリカとニュージーランドの勝者との初戦に関しても「理想的」と歓迎

 日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会で、スペインやドイツと同じE組に振り分けられた。対戦が決まったスペインの有力紙「AS」では、「日本には勝てる」と速報している。

 現地時間4月1日に開催された抽選会では、最新のFIFA(国際サッカー連盟)ランキングを原則に定められるポット分けが行われ、スペインは第1ポットだった。そして、第2ポットの中でも強豪と言えるドイツの抽選結果が注目されたなか、スペインの入るE組のくじが引かれた。

 それについて、同紙は「スペインは不運だった。泣く必要はないが、ドイツを引いた。抽選結果は悪い」とレポート。一方で、日本が第3ポットからスペインの組に入ったことについて、「日本には勝てる。無害だ」と速報した。

 また、第4ポットからは北中米カリブ海のコスタリカとオセアニアのニュージーランドによる大陸間プレーオフの勝者が入ることになったが、「一番弱いチームとの対戦でスタートすることになったので、いいニュースだ。いいスタートが切れそうだ」と大会初戦での対戦相手を歓迎。さらに、「突破するグループになった。ドイツ戦でスタートしないのは理想的だった。最初の抽選の恐怖の後、我々は冷静さを保っている」と、ドイツ以外は与しやすい相手という印象を明らかにしている。

 2010年の南アフリカ大会の覇者スペイン、W杯4回優勝のドイツに挟まれた日本だが、少なくともスペインからは勝利が確実な相手という見方をされている。スペインとは大会3戦目の対戦とあり、グループリーグ突破が叶うかどうかのタイミングになる可能性もある。日本が一泡吹かせられるかどうか、注目される。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド