「信じられない退場」 ボールが顔面ヒット→転んで相手倒し“一発レッド”の衝撃シーンに海外騒然

前代未聞のハプニングが発生(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
前代未聞のハプニングが発生(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

アルゼンチンのリザーブリーグで、前代未聞のハプニングが発生

 アルゼンチンのリザーブリーグで、顔面にボールが強打した選手が、倒れた拍子に相手選手を倒し“一発レッド”となる前代未聞のハプニングが発生。英メディアは「異常な瞬間」と注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 事件が起こったのは、アルゼンチンのリザーブリーグ「ラヌース対バンフィールド」の一戦。ラヌースのフアン・パブロ・クリラノビッチが、バンフィールドのラウタロ・カルドゾにプレッシャーをかける。カルドソはクリアを試みるも、ボールがクリラノビッチの顔面にヒットしてしまった。

 この衝撃でクリラノビッチは思わず転倒したが、転んだ場所が悪かった。身体ごとカルドゾの右足に乗っかるような形になると、思わぬ形で膝が曲がったカルドゾは苦痛に悶えた。

 メディカルスタッフが傷ついたカルドゾの手当てをしているなか、主審はクリラノビッチにレッドカードを提示。重傷で病院へ運ばれたカルドソに対し、何の悪気もなかったクリラノビッチにとっては思いもよらぬ退場劇となってしまった。

 この前代未聞のハプニングに英紙「ザ・サン」が注目。「サッカー選手がボールで顔面を強打された後、ライバルに倒れ込み退場させられる異常な瞬間」と見出しを打ち、「信じられない退場処分を受けた」と報じている。

 記事では、この映像に対するファンの反応も紹介。SNS上には「負傷という不運と、それで退場になるのと、どっちが悪いのか分からない」「プレー全体がとてもアンラッキー」「レフェリングは最悪だ」との声が寄せられたといい、信じ難い光景が反響を呼んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング