稲本&今野のボランチコンビ完成 南葛SCの大型補強にファン脱帽「関東リーグの銀河系」

今野泰幸が南葛SCへ移籍【写真:高橋 学】
今野泰幸が南葛SCへ移籍【写真:高橋 学】

関口、稲本に続き元日本代表MF今野の獲得に成功

 関東1部リーグに昇格した南葛SCは1月25日、J1に昇格したジュビロ磐田を退団した元日本代表MF今野泰幸を獲得したことを発表。「補強えぐい」「マジで今野キタ!!」と反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ワールドカップ(W杯)に2回出場し、A代表で93キャップを刻む今野は、2019年夏から磐田でプレー。同年末の怪我から20年に復帰し、昨季は主にベンチスタートからJ1に昇格したチームを陰で支えたが、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。

 J1通算443試合、J2通算120試合出場を誇る38歳のベテランは、南葛SCへの移籍が決まったことを受けて、「今シーズンより、南葛SCでプレーすることになりました! 子どもの頃から大好きだった『キャプテン翼』のチームでプレーできるなんて夢のようです。子どもから大人まで、幅広い世代の人が大好きな『キャプテン翼』のチームを、より多くの人に応援してもらえるように、勝利に貢献していきたいと思います。サッカーを楽しんで、日々全力で頑張って、南葛SCの目標に向かってやっていきたいと思います!」とコメントした。

 南葛SCは1月16日に昨季ベガルタ仙台に在籍していた元日本代表MF関口訓充、18日に昨季SC相模原に所属していた元日本代表MF稲本潤一を獲得しており、クラブ公式ツイッターには、「マジで今野キタ!!」「関東リーグの銀河系」「稲本、今野のボランチとか豪華すぎ」「補強えぐい」など興奮の声が上がっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング