「すごくいいサッカーをしている」 札幌加入の興梠慎三、ミシャ率いる新天地の印象は?

札幌へ期限付き移籍で加入するFW興梠慎三【写真:Football ZONE web】
札幌へ期限付き移籍で加入するFW興梠慎三【写真:Football ZONE web】

「崩しまではすごく上手くいっている」とフィニッシャー役に意欲

 J1北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍が決まった元日本代表FW興梠慎三が1月13日に新入団会見に臨み、クラブの印象について「すごくいいサッカーをしていると思って見ていました」と語った。

 現在35歳の興梠は、2005年に鵬翔高から鹿島アントラーズに加入。1年目から8試合に出場すると、徐々に出場機会を増やして定位置を確保し、J1リーグ優勝3回、Jリーグカップ優勝2回、天皇杯優勝2回など数々のタイトル獲得を経験した。

 13年から浦和へ移籍すると、9シーズン連続で二桁ゴールを達成するなどエースとして活躍。16年のJリーグカップ優勝、17年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、18年の天皇杯優勝などに貢献し、17年にはJリーグベストイレブンに選出されている。昨季はリーグ戦20試合1ゴールにとどまっていた。

 札幌を率いるペトロヴィッチ監督と興梠は、13年から17年まで浦和でともに戦った“師弟コンビ”。ミシャスタイルを熟知するストライカーに注目が集まる。

 会見でクラブの印象を問われた興梠は、「すごくいいサッカーをしていると思って見ていました」と語り、自らの役割についても触れた。

「チャンスは作るけど決め切れないというのは浦和の時もそうだったので、ミシャらしいなとは思いましたけど、浦和と同じように崩しまではすごくうまくいっているので、本当に最後のところだと思います。それを決め切る選手が欲しいということでコンサドーレ札幌から話をいただいたので、そういう仕事をできるように頑張りたいと思います」

 歴代3位のJ1通算158ゴールを誇るストライカーが、新天地で得点量産を誓う。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング