「これぞフィルミーノ」 相手の意表を突く華麗バックヒール弾に称賛「惚れ惚れする」

リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ【写真:AP】
リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ【写真:AP】

FAカップ3回戦シュルーズベリー戦の後半33分に自慢のテクニックを披露

 イングランド1部リバプールのブラジル代表FWロベルト・フィルミーノは、現地時間1月9日にFAカップ3回戦シュルーズベリー戦(4-1)の後半33分に鮮やかなバックヒール弾を決めた。「これぞフィルミーノ」「ほれぼれする」と称賛を浴びている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 英3部シュルーズベリーをホームに迎えたリバプールは、前半27分に先制を許すもブラジル代表MFファビーニョのPKなどで前半のうちに逆転に成功。若手主体のメンバー構成だったが、後半開始と同時に日本代表MF南野拓実、同19分にブラジル代表FWフィルミーノを投入した。

 そして2-1で迎えた後半33分だった。右サイドからの折り返しをエリア内でフランス人DFイブラヒマ・コナテがシュート。これはうまく足にヒットしなかったが、こぼれ球を拾ったフィルミーノがゴールに背を向けた体勢のまま、相手DFとGKの意表を突く右足のヒールキックでボールを押し込んだ。

 FAカップ公式ツイッターは、「これぞフィルミーノ」と技ありの一撃のハイライト動画を公開。巧みなボールコントロールとスキルを持つフィルミーノらしいゴールだと紹介した。米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ番組「ESPN FC」公式ツイッターは、「ボビー・フィルミーノが惚れ惚れするバックヒールでのフィニッシュ」とその技術の高さを称賛した。

 後半アディショナルタイム3分には再びファビーニョが得点し、リバプールは4-1で快勝。4回戦へと駒を進めた。今季は怪我に苦しめられ、出番の限られていたフィルミーノが持ち味を発揮して勝利に貢献した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング