「まるで降伏の白旗?」 アーセナル、異例の“全身真っ白”ユニフォームに反響「トッテナムに見えた」

アーセナルが真っ白なユニを着用【写真:AP】
アーセナルが真っ白なユニを着用【写真:AP】

FAカップ3回戦、ノッティンガム・フォレスト戦の真っ白ユニフォームに脚光

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは、現地時間1月9日に行われたFAカップ3回戦の英2部ノッティンガム・フォレスト戦(0-1)で全身真っ白のユニフォーム姿でプレーして脚光を浴びた。ファンから「レアルに見えた」「背番号は見やすくしないと」と反響を呼んでいる。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 アーセナルの本拠地であるロンドンでは2020年から21年6月の1年間で10代の若者が被害にあったナイフによる犯罪が過去最多の1万件以上も発生。また、昨年は10代殺害の事件数が市内で記録上過去最多となった。そのほとんどがナイフによる攻撃だったという。こうした社会的情勢を受けて、アーセナルがアディダスと共同で「No More Red」というキャンペーンを実施し、これ以上血が流れないようにというメッセージを込めて白ユニフォームを着用して戦った。

 シャツ、パンツ、ソックスだけでなく、背番号やスポンサーなどまで真っ白という異例の“全身真っ白ユニフォーム姿”に驚きが広がっている。

「トッテナムのようだ」
「背番号は見やすくしないと」
「まるで降伏の白旗?」
「白いアーセナルは弱い」
「レアルに見えた」
「No More White」

 意義のある社会的キャンペーンとなった一方、チームが格下のノッティンガム・フォレストに敗れたとあって、SNS上では辛辣なコメントも散見。ファンから敗戦の不満がぶつけられる形となっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング