アーセナル、なぜ前代未聞の“全身真っ白ユニフォーム”? 若者の殺人事件多発で社会的メッセージ

アーセナルが真っ白なユニを着用【写真:Getty Images】
アーセナルが真っ白なユニを着用【写真:Getty Images】

FAカップ3回戦のノッティンガム・フォレスト戦、上下真っ白ユニフォームでプレー

 日本代表DF冨安健洋が所属するイングランド1部アーセナルは、現地時間1月9日に行われたFAカップ3回戦の英2部ノッティンガム・フォレスト戦(0-1)で上下真っ白のユニフォームを着用して試合に臨み、話題となっている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 これはイギリスで若者が殺害される事件が多発していることを受け、アーセナルがアディダスと共同で行った「No More Red」というキャンペーンの一環で、これ以上血が流れないようにというメッセージが込められている。アーセナルの本拠地であるロンドンでは2020年から21年6月の1年間で10代の若者が被害にあったナイフによる犯罪が過去最多の1万件以上も発生。また、昨年は10代殺害の事件数が市内で記録上過去最多となった。そのほとんどがナイフによる攻撃だったという。

 アーセナルのチームカラーは赤と白でホームユニフォームもそのカラーリングだが、今回のユニフォームはFAカップのバッジに赤が使われている以外はシャツ、パンツ、ソックスまで全身真っ白。胸スポンサーやアディダスのロゴ、背番号まで全てが白統一という前代未聞のデザインとなっている。

 この期間、アーセナルは公式ツイッターやインスタグラムなどのアイコンで使用しているクラブロゴも真っ白な特別仕様に変更している。

 なお、この純白ユニフォームは一般販売されず、社会貢献に貢献している個人に贈られるのみとなっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング