高校サッカー選手権開会式、全国48校が行進 高川学園の奥野奨太主将が医療従事者への感謝も込めて選手宣誓

第100回全国高校サッカー選手権の開会式が国立競技場で行われた【写真:荒川祐史】
第100回全国高校サッカー選手権の開会式が国立競技場で行われた【写真:荒川祐史】

12月28日に国立競技場で開会式、全国48の代表チームが勢揃い

 第100回全国高校サッカー選手権の開会式が12月28日に国立競技場で行われ、全国48の代表チームが勢揃いした。

 記念すべき第100回のメモリアルとなった今大会では、前回大会に新型コロナウイルスの影響で見送られた入場行進が復活。前年度優勝の山梨学院(山梨)を先頭に、各都道府県の代表48校(東京はA、Bの2チーム出場)がハツラツと行進した。

 日本サッカー協会の田島幸三会長は「日本サッカー協会が創立される前から、天皇杯がスタートする3年前に始まった日本サッカーの歴史の中で最も古い選手権。部活動という育成システムは他国では真似のできないシステムで、多くの優秀な人材が輩出された。第100回という記念すべき大会で例年以上に注目が集まる。歴史に残る名場面は、対戦チーム同士が力を尽くしてフェアでリスクペクト精神を持った試合から生まれる。グッドウィナー、グッドルーザーであってほしい」とスピーチした。

 選手宣誓では高川学園(山口)の奥野奨太主将が新型コロナウイルスの社会情勢や医療従事者への感謝も盛り込みつつ、「記念すべき第100回大会、先輩たちがつないだバトンを後輩たちにつなぎ、明日へ、未来へ、全ての選手たちとアフターコロナ新時代を切り開くゴールを決めるため、全てのプレーに正々堂々、全身全霊を尽くす」と宣言した。

 装いが新たになった国立競技場で高校選手権が開催されるのは今大会が初めて。この後、関東第一(東京B)と中津東(大分)が開幕戦を行い、明日から首都圏の8会場で準々決勝が行われた後、再び国立で1月8日の準決勝と10日の決勝が行われる。記念すべき100回目の王者に名を連ねるのは、どのチームになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド