上位陣に勝てないアーセナル、主将の失態に見える”未熟さ”と強者のメンタリティー不足

先制したあとに逆転負けを喫する展開にウーデゴールも危機感

 その一方で、マンチェスター・シティ、リバプール、チェルシーのトップ3にいずれも完封負けを喫しており、上位陣には成すすべもなく敗れた。ここまでの戦いぶりを順調と言い切るのは難しいだろう。夏の補強がヒットし、世代交代が進んでいるのはポジティブだが、それによって新たな課題も見えてきている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 クロップ監督やジョゼップ・グアルディオラ監督の下で何年も同じメンバーで戦ってきたリバプールやシティなどと比べるのは酷かもしれないが、今のアーセナルは若さゆえの未熟さを露呈した戦いぶりが目につく。特にリバプール戦ではそれが顕著で、序盤からMFアルベール=サンビ・ロコンガがミスを連発し、先制点を許した後にはDFヌーノ・タヴァレスがバックパスを相手に渡してしまうイージーミスから追加点を献上するなど自滅した。

 さらに、力が拮抗した相手でもリードした展開での試合運びに難を抱えているのも課題の1つだ。ユナイテッド戦(2-3)とエバートン戦(1-2)はいずれも先制点しながら逆転負け。この状況には選手も危機感を募らせているようで、エバートン戦の後にノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールは、「アーセナルは先制した時のマインドセットに問題があるのでは?」と問われ、このように答えている。

「そうだと思う。1-0でリードしている時は勝利を逃すことを恐れてしまうんだ。それが今日、僕らが犯した過ちだと思う。僕たちはプレーを続け、2点目を取りにいく必要があった。その意図は持っていたけど、ピッチ上でそれを実行することはできなかった。残念だ。僕らはやるべきことを途中でやめてしまった。リードを奪ったあと、特に後半はフットボールをやめてしまった」

 リードしたあとに攻撃の手が止まり、決定打を押せずに相手に主導権を渡してしまう。ウーデゴールはその原因として、メンタリティーの欠如を挙げている。それは単なる気の緩みか。それとも経験不足からくるものか。いずれにしろ、今のアーセナルには先制したあとに試合をうまく進める“強者としての振る舞い”が身についていないのだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ