東京を代表する2クラブの伝統 味スタで見えた「フィジカル」と「テクニック」の対照的な歴史

東京V、FC東京の歴史とスタイルを考察【写真:Getty Images】
東京V、FC東京の歴史とスタイルを考察【写真:Getty Images】

【識者コラム】東京のクラブ2つの連戦で見えた“違い”

 2021年シーズンのJリーグ最終節は、2日間続けて味の素スタジアムで取材をした。

 J1最終日はFC東京、一方J2最終日は東京ヴェルディのホームゲームを観たのだが、前者は長谷川健太監督が辞任し、森下申一監督が引き継いでから短期間で丁寧にボールをつなげていく方向へ転換を図った。森下体制は今季限りなので、当然来年以降を睨んだ試みだと推測できる。

 しかし、同じスタジアムで連日戦った2つの東京のクラブで、ボールを保持してしっかりとゲームを支配していくスタイルを体現していたのは、むしろJ2の東京Vのほうだった。

 もちろん対戦相手の問題もある。FC東京の相手は、J1で初めて残留を果たして過去最高の8位という成績を収めた福岡だった。福岡の健闘は今年最大のサプライズでもあり、当然コンセプトが明確だったからこその成果だった。つまり完成形に近い福岡に対し、森下体制に移行してわずか3戦目のFC東京は、決定機こそ少なかったが後半は完全に主導権を握って戦い抜いた。限られた時間で意図した狙いは見えたし、適応力は悪くないかもしれない。

 それに対し、東京Vの相手は結果的にはJ3に降格することになったSC相模原だった。ただし、相模原は勝てばJ2残留を手繰り寄せられる状況だった。究極のモチベーションで臨んだはずの相手に対し、東京Vは序盤からまるでペナルティーエリア内の攻撃練習をしているかにボールを動かし、逆にミドルレンジからMF新井瑞希がスーパーショットで均衡を破る。勝利が必要な相模原があまりに守備的なスタートだったこともあるが、とりわけ狭いスペースでボールを受けて次の展開へと繋げていく技術には大きな違いがあり、終わってみればホームチームが3-0で圧倒した。

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング