歴代最高の就任後7戦7勝 ドイツ代表監督ハンス=ディーター・フリックとは何者か?

運命を変えた2006年夏のレーブ監督からの“ラブコール”

 そして運命の電話がかかってきたのはその翌年だった。06年夏、ユルゲン・クリンスマンの後任として代表監督に就任することになっていたレーブから代表アシスタントコーチとして誘われたのだ。

 レーブの片腕として戦術サポートをしたフリックの尽力もあり、ドイツ代表は08年欧州選手権(EURO)2位、10年ワールドカップ(W杯)3位、12年欧州選手権ベスト4、そして14年W杯では優勝を果たす。

 14年9月からはドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツディレクターとしてドイツサッカーの新しいプロジェクトを率いた。17年にホッフェンハイムにスポーツ部門部長として戻るが、これはうまくいかず。そして19年、ニコ・コバチのアシスタントコーチとしてバイエルンへ。現場に戻ったフリックは次のような喜びのコメントをしている。

「また選手と一緒に、そしてニコ・コバチと一緒に仕事ができるのを楽しみにしている。話が来た時、もう長く考えたりはしなかった。バイエルンは私の心にあるクラブだ。トップアドレスなんだ」

 これまで、どちらかと言うと裏からチームを支える存在だったフリックが急遽表舞台に立つようになったのは、コバチがフランクフルトに1-5で完敗した後に解任され、暫定監督としてチームを率いることになった時だ。

「監督としての経験が乏しい」と世間はあくまでも一過的な対応だと思っていたが、フリックはチームを立て直すどころか、さらに新しい次元へと持ち上げ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)をはじめ年間6冠という偉業を達成してみせる。

 素顔のフリックはいつでも謙虚だ。どれだけ好成績をあげても周りへの感謝をまず口にする。

「数々のタイトルの裏には、ハードな仕事と毎試合高いモチベーションで取り組んでいたチームがあったのだ」

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング