歴代最高の就任後7戦7勝 ドイツ代表監督ハンス=ディーター・フリックとは何者か?

ドイツ代表のハンス=ディーター・フリック監督【写真:AP】
ドイツ代表のハンス=ディーター・フリック監督【写真:AP】

ハンス=ディーター・フリックは28歳で現役を引退

 15年間という長期政権を担っていたヨアヒム・レーブからドイツ代表監督を引き継いだハンス=ディーター・フリックは、順調な船出を切っている。就任後7戦7勝というのは歴代最高の戦績だ。カタール・ワールドカップ(W杯)出場権も危なげなく手中に収めている。

 ドイツを再び世界の頂点へと導く指揮官として期待されているフリックとは、どんな人物だろうか。

“ハンシィ”の愛称で親しまれているフリックは、日本人観光客にも馴染みのある古城と大学街のハイデルベルクで生まれた。地元街クラブでサッカーをはじめ、1981年には当時4部リーグに所属していたサンドハウゼン(現2部所属)へ移籍している。20歳の頃トップチームで素晴らしいパフォーマンスを見せる若者の噂を聞きつけたバイエルン・ミュンヘンのウド・ラテック監督がアシスタントコーチのエゴン・コールデスを試合視察に派遣。試合翌日には契約書へのサインが交わされたという。

 バイエルンでは85年から90年の5年間で4度のリーグ優勝と1度のカップ戦制覇。86-87シーズンにはリーグチャンピオンシップ(現在のチャンピオンズリーグの前身)の決勝へ駒を進めたが、この時は残念ながら準優勝に終わっている。

 その後、ケルンへ移籍するも怪我の影響もあり、多くの試合に出場することはできなかった。28歳の若さで現役を引退。代表歴はなかった。

 96年に地元にあった4部クラブのビクトリア・バンメンタールで指導者としてのキャリアをスタート。指導者としての資質はすでに高く評価され、98-99シーズンには5部降格となったものの、クラブはフリックを手放さそうとはしなかったほどである。

 フリックに注目したのが、ホッフェンハイム会長ディートマール・ホップだ。2000年にホッフェンハイム監督として移籍を果たすと、最初のシーズンで4部から3部へ昇格に成功し、03-04シーズンには3部リーグクラブながらドイツカップで勝ち上がり、ベスト16で強豪レバークーゼンを撃破するなど旋風を巻き起こした。05年にホッフェンハイムを去ることになったフリックは、ジョバンニ・トラパットーニが総監督を務めるザルツブルクでアシスタントコーチになった。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング