「卑劣な行為」 バルサの仏代表DFが被害、高級車から“部品盗み”決定的瞬間に批判殺到

バルセロナDFサミュエル・ウムティティ【写真:Getty Images】
バルセロナDFサミュエル・ウムティティ【写真:Getty Images】

ウムティティの車にイタズラする映像が拡散、海外メディアも驚き

 FCバルセロナに所属するフランス代表DFサミュエル・ウムティティの高級車にイタズラするファンの映像が拡散されて話題を呼んでいる。スペイン紙「AS」が問題の映像を公開し、「途方もない行為」「これは恥ずべき行為」などの声が上がった。

「AS」紙は公式YouTubeチャンネル上で「ファンによる破壊行為」と綴り、TikTokにアップされた映像を紹介。そこにはウムティティが乗る愛車、黒のランボルギーニが写っている一方、あるファンがウムティティの車に近づき、おもむろにタイヤ部分で手を動かし始める。その後、手のひらに乗せて見せたのはタイヤのキャップだった。

 海外サッカー専門サイト「BESOCCER」は「TikTokユーザーがウムティティの車からキャップを盗んだ」と報道。「卑劣な行為が起きた」「他のユーザーはこの行為を報告し、FCバルセロナに対策を求めた」と報じている。
 
 映像を見たユーザーから「途方もない行為」「これは恥ずべき行為」「残念すぎる」などの声も上がっており、クラブの対応にも注目が集まりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド