三笘薫は「ベルギーのトレンドの1人」 “未知なる存在”からの大飛躍に現地注目

ユニオンMF三笘薫【写真:Getty Images】
ユニオンMF三笘薫【写真:Getty Images】

スラン戦でハットトリック、オイペン戦では先制PKを奪取

 ベルギー1部ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのMF三笘薫は、現地時間23日のリーグ第12節オイペン戦(3-2)で初先発を果たし、先制PKを奪取するなど勝利に貢献した。現地メディアは「ベルギーのトレンドの1人なった」と伝えている。

 16日の第11節スラン戦(4-2)で、途中出場からリーグ戦初ゴールを含むハットトリックを達成した三笘。オイペン戦では左サイドで今季初先発を飾ると、前半6分にカウンターから得意のドリブルでカットインし、ペナルティーエリア内でのファウルを誘い、PKを獲得した。これをドイツ人FWデニズ・ウンダフが決め、ユニオンSGが先制した。

 前半29分に追加点を奪ってリードを広げたが、後半30分、32分に立て続けに失点。同点に追いつかれたなか、後半34分に左サイドでボールを持った三笘が、前線に走り込んだ味方にスルーパス。ベルギー人FWダンテ・バンゼイルのクロスから最後はFWキャスパー・ニールセンが流し込み、ユニオンSGが勝ち越して勝利した。

 リーグ戦初先発で後半44分までプレーした三笘。データ分析会社「オプタ」の数値を元にデータを展開する「SofaScore」によれば、この日はPK奪取のほか、ボールタッチ49回、パス成功率73%(30本中23本成功)、ドリブル成功7回中1回、地上戦デュエル14回中5回勝利、空中戦1回中1回勝利だった。

 2試合連続の活躍を受け、ベルギーメディア「Sport/Voetbalmagazine」は、「カオル・ミトマは未知なるものから、ベルギーのトレンドの1人となった」は伝えている。

 今後、さらに出番が増えて警戒されるなかで、どれだけのパフォーマンスを維持できるのか。三笘のプレーに注目が集まる。


【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド