日本代表に逆風? ベトナム、観客制限緩和で最大1万2000人収容「ファンにとって朗報」

日本代表は11月11日ベトナム代表戦を行う【写真:ⓒJFA】
日本代表は11月11日ベトナム代表戦を行う【写真:ⓒJFA】

11月11日、本拠地で日本代表を迎え撃つベトナムが条件付きで観客動員へ

 日本代表は11月11日、アウェーの地でカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第5節・ベトナム代表戦を行う。ベトナムサッカー協会は「スタジアム収容人数の30%(最大約1万2000人)を受け入れる」と発表し、「ベトナムのサッカーファンにとって朗報」と伝えた。

 試合は、ベトナムの首都ハノイにあるミーディン・ナショナルスタジアムで、現地時間19時(日本時間11日21時)にキックオフ予定。ベトナムサッカー協会は、日本戦と16日のサウジアラビア代表戦でスタジアムの観客動員を決めた。

「ベトナムのサッカーファンにとって朗報。日本戦、サウジアラビア戦とミーディン・ナショナルスタジアムで2試合の開催に合意。スタジアム収容人数の30%を受け入れる」と伝えた。2回の新型コロナウイルス予防接種、72時間以内の検査陰性反応などの条件付きながら、一部緩和を決めたという。ミーディン・ナショナルスタジアムの収容人数は約4万人で、最大1万2000人が日本戦に駆けつけることになる。

 日本は最終予選4試合を終えて、2勝2敗でグループBの4位。サウジアラビア戦に続き、ベトナム戦はホームファンの熱い声援のなかで戦うことになりそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド