「負けて当然だった」 ポグバがユナイテッドの“不安定な守備”に危機感「問題点を…」

ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:AP】
ユナイテッドMFポール・ポグバ【写真:AP】

レスター戦で2-4逆転負け、ポグバがコメント「僕らはもっと成熟しなければいけない」

 マンチェスター・ユナイテッドは16日のプレミアリーグ第8節でレスター・シティに2-4の逆転負けを喫し、今季2敗目で暫定5位に転落した。フランス代表MFポール・ポグバは不安定な守備を露呈する結果に「問題点を見つけられていない」と危機感を募らせている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 敵地に乗り込んでの一戦。前半19分にイングランド代表FWメイソン・グリーンウッドの強烈なミドルシュートで先制したユナイテッドだったが、同31分のベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスのゴールで同点とされると、後半33分にはセットプレーからトルコ代表DFチャーラル・ソユンジジュのゴールで勝ち越しを許した。

 同37分には肩の手術による離脱から戻ってきたイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが復帰戦でゴールを決めて試合を振り出しに戻すも、そのわずか1分後にはレスターのエース、元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに技ありのボレーシュートを決められて再びビハインドを背負った。試合終了間際には今夏加入のザンビア代表FWパトソン・ダカにプレミア初ゴールも献上し、試合の行方を決定づけられた。

 フランス代表DFラファエル・ヴァランが代表戦での負傷で戦線離脱。イングランド代表DFハリー・マグワイアも負傷明けでプレーに精彩を欠いたとはいえ、守備陣崩壊で敗戦。ホームでの第6節アストン・ビラ戦(0-1)に続く今季2敗目を喫し、プレミアリーグのアウェー戦では29試合続いていた無敗記録がここで途絶えることになった。

 チームの現状について、選手たちの中でも危機感が大きくなっているようだ。フランス代表MFポグバはチームの問題点を自分たちが把握できておらず、つまらない失点が増えていると指摘する。

「正直に言えば、僕たちはこのような試合を長い間続けている。自分たちで問題点を見つけられていないんだ。簡単なゴールやつまらないゴールを許してしまうことの何が問題なのかを見つけなければいけない。ピッチ上でプレーしている時にファンがプレッシャーをかけてくるのは分かっていることだ。僕らはもっと成熟しなければいけない。より多くの経験を積み、いい意味で傲慢にプレーする必要がある。ボールを保持し、自分たちのフットボールをしなければいけないんだ」

 ポグバはレスター戦について「負けて当然だったと思う」と完敗を認めたうえで、「何かを変えなければいけない。本当にタイトルを獲得したいのであれば、アウェーだろうと勝たなければ試合だった」と語った。

 ユナイテッドはプレミアリーグで第8節を終えて4勝2分2敗と今一つ波に乗り切れていない。リーグカップでは早期敗退し、UEFAチャンピオンズリーグでも初戦でヤングボーイズに敗れるなどピリッとしない戦いが続いている状況に選手たちも行き詰まりを感じているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング