チェルシー監督、バロンドール候補選出の自軍5人で「それに値する」と後押しするのは?

チェルシーのトゥヘル監督はジョルジーニョを推した【写真:AP】
チェルシーのトゥヘル監督はジョルジーニョを推した【写真:AP】

トゥヘル監督は個人賞には否定的も、CLとEUROの両方で優勝したジョルジーニョを推す

 2021年のバロンドール受賞候補者30人がフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」から発表され、チェルシーからはマンチェスター・シティと並び、最多となる5選手がノミネートされた。チェルシーの監督就任1年目で、クラブをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇に導いたトーマス・トゥヘル監督は、自チームからの選出を期待している。英紙「メトロ」が報じた。

 候補者30人にノミネートされたチェルシーの選手は、フランス代表MFエンゴロ・カンテ、イングランド代表MFメイソン・マウント、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ、イタリア代表MFジョルジーニョ、そして、今季加入したベルギー代表FWロメル・ルカクの5選手となっている。

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドもノミネートされているが、トゥヘル監督はチェルシーの選手が受賞することを期待しつつも、個人賞が最重要ではないと釘を刺す。

「誰が『この選手がベストだ』と言うかによる。それぞれの選手が、それぞれの視点から受賞する権利があるからね。私はチェルシーの選手が受賞することを期待しているよ。それが自信を付ける要因になるからね。でも、それがサッカーの世界で最も重要なことではないよ」

 クラブのタイトルを重視する指揮官は、チェルシーのCL制覇に加え、イタリア代表の欧州選手権(EURO)2020優勝にも中心的な役割を果たしたジョルジーニョの受賞を推しているようだ。

「彼はバロンドール受賞に値する選手の1人だ。とても頭の良い選手であり、彼の監督を務めていることを光栄に思う。30人の候補者のリストは昨日、発表された。だが、私の評価基準とは異なるから、このリストはそれほど重要ではない。私には、こうした賞はあまり意味がない。選手たちは、こうした賞を切望するが、現実的にはこの選手たちを比較するのは不可能だよ」

 これまでチェルシーからはバロンドール受賞者が出ていない。トゥヘル監督はそれほど興味がないようだが、11月29日の授賞式で、チェルシーのファンが喜ぶ発表が行われるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング