「麻也的にはノーチャンス」 元日本代表DFがサウジ戦の“痛恨失点”に挙げた問題点

キャプテンとしてチームを支えるDF吉田麻也【写真:Getty Images】
キャプテンとしてチームを支えるDF吉田麻也【写真:Getty Images】

元日本代表DF栗原勇蔵氏がサウジアラビア戦を分析

 森保一監督率いる日本代表は現地時間7日(日本時間8日)、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節のサウジアラビア戦で0-1と敗れた。元日本代表DF栗原勇蔵氏は、失点シーンとなったMF柴崎岳のパスミスについて、「(吉田)麻也はノーチャンスで厳しい」と言及している。

 MF久保建英が膝の故障で招集回避の日本は、MF伊東純也が累積警告による出場停止、MF堂安律も怪我による離脱で不在。4-2-3-1の右サイドハーフにはFW浅野拓磨が起用された。

 日本は前半6分、MF柴崎岳が距離のある所から強烈な無回転ミドルでサウジゴールを強襲。GKにわずかにコースを変えられて先制点とはならなかったが、積極的な姿勢をピッチで表現した。少しずつサウジボールの時間も長くなってきたなかで迎えた前半29分、日本は相手ボールを奪ったところからMF鎌田大地が中央に一発で出したスルーパスに、FW大迫勇也が抜け出しにかかった。追いすがるセンターバックの前でGKと1対1になりかけるシーンだったが、ゴール右を狙ったシュートはセーブされてしまった。

 前半をスコアレスで折り返した日本は後半5分、柴崎が中盤でボールを奪われてカウンターを食らい、決定機を許すもGK権田修一がFWアブドゥルラフマン・ガリーブのシュートを左足で防いでピンチを回避した。しかし、同26分、柴崎が右サイドのタッチライン際でバックパスを選択。DF吉田麻也を狙ったパスは大きくずれ、途中出場のサウジアラビアFWフェラス・アルブリカンにカットされてしまう。吉田、DF冨安健洋が懸命に追いかけるが、そのままペナルティーエリア内に持ち込まれ、GK権田の股下を抜かれて決勝ゴールを献上してしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド