元韓国代表GK、富士山バックの晴天ショット披露 「雪が降った時にまた来たい」

川崎フロンターレでプレーするGKチョン・ソンリョン【写真:Getty Images】
川崎フロンターレでプレーするGKチョン・ソンリョン【写真:Getty Images】

川崎GKチョン・ソンリョンが河口湖で富士山を撮影

 川崎フロンターレの元韓国代表GKチョン・ソンリョンが、自身の公式インスタグラムを更新。晴天の下、“日本一高い山”で知られる富士山をバックに撮影した写真を披露している。

 2016年に川崎に加入したチョン・ソンリョンは、早くも今季でJリーグ6年目。その間、絶対的守護神としてJ1リーグ優勝3回、ルヴァンカップ優勝1回、天皇杯優勝1回を経験し、自らもベストイレブンを2回受賞している。

 今季もリーグ戦32試合中27試合でゴールマウスを守り、首位に立つチームを支えている守護神は、自身のインスタグラムに「富士山。雪が降った時にまた来たい。 #河口湖」と母国語で投稿。河口湖で、黒いサングラスをかけて富士山をバックに撮影したと思われる写真をアップしており、海外ファンからは「クール」「良い景色」「美しい」といった声が上がっていた。

 2位横浜F・マリノスと優勝争いを繰り広げるなかで、良いリフレッシュになったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド