「攻撃の創造的な責任を引き受けた」 久保の負傷離脱でイ・ガンインに代役を地元紙期待

マジョルカMF久保建英とMFイ・ガンイン【写真:AP】
マジョルカMF久保建英とMFイ・ガンイン【写真:AP】

レアル戦では久保とともに先発出場してレアル相手に1ゴールを記録

 マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節レアル・マドリード戦(1-6)で膝を負傷。本人がインスタグラムでしばらくチームを離脱することを発表した。地元紙は、韓国代表MFイ・ガンインがその穴を埋めることを期待されていると伝えている。

 保有元となるレアルとの一戦で、久保は右サイドハーフで5試合連続のスタメン出場。前半5分には、自陣左サイドからのサイドチェンジを巧みなトラップで収め、対峙したレアルDFミゲル・グティエレスを置き去りにしてシュートまで持ち込むなど、随所に持ち味を見せた。しかし、足を痛そうにしていた久保はハーフタイムで交代。試合後、ルイス・ガルシア監督の口から膝を傷めたための交代であったことが明かされていた。

 松葉づえ姿でホテルへと入る久保の写真がスペインメディア「Ultima Hora」などで拡散され、怪我の状況が心配されていたが、久保自らがインスタグラムで報告した。

「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました。とても重要な時期にチームと代表の力になれないことはとても悔しいですが、今度はピッチ外から応援をしたいと思います。そして1日でも早く復帰をしてチームの力になれる様に今自分にできることを頑張ります」

 1カ月の離脱は避けられないとされるなかで、レアル戦で一矢報いるゴールを決めていたイ・ガンインは、久保の代役候補として挙がっている。マジョルカ地元紙「Diario de Mallorca」は、「イ・ガンインはベルナベウでタケ・クボとなり、攻撃の創造的な責任を引き受けた」とレアル戦の活躍を伝えるとともに、期待を寄せている。

「サンティアゴ・ベルナベウでタケ・クボに期待されていた役割は、イ・ガンインが喜んで独占した。右サイドに位置取りした日本人選手はほとんど姿を見せることなく、存在を小さくしていった。膝の怪我も影響した。一方、仁川出身の選手(イ・ガンイン)はずっとボールを要求し、ボール扱いに長けた選手らしく攻撃のコンビネーションを探し、結果は伴わなかったが一つ一つのプレーで鋭さがあった」

 久保の離脱期間にイ・ガンインがどれだけ活躍できるか、マジョルカにとっても大きなポイントになる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド