智将ビラス=ボアス、中東行き浮上 サウジ国内クラブからのオファーを海外報道

アンドレ・ビラス=ボアス氏がサウジアラビアで監督就任か【写真:Getty Images】
アンドレ・ビラス=ボアス氏がサウジアラビアで監督就任か【写真:Getty Images】

ACL西地区で準々決勝へ進出したアル・ナスルが監督就任オファーか

 かねてから日本での監督業に興味を示していた智将アンドレ・ビラス=ボアス氏が、サウジアラビアのクラブから監督就任オファーを受けているという。フランスメディア「RMCスポーツ」が報じている。

 ビラス=ボアス氏は今年2月にフランス1部マルセイユの監督を辞任して以来フリーの状態になっていた。かつてジョゼ・モウリーニョ監督のアシスタントコーチを務めた同氏は世界的にも戦術家として知られ、FCポルトではUEFAヨーロッパリーグ制覇も果たした。

 近年では中国の上海上港(当時名称)を率いてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では浦和レッズらJリーグ勢とも対戦している。そうした経験からか、今年には日本またはブラジルでの監督就任に興味を持っていることが本人のコメントとして報じられていた。

 そのビラス=ボアス氏にはサウジアラビアのアル・ナスルが監督就任オファーを出したという。今季のリーグ戦は開幕4試合で2勝2敗だが、ACL西地区ではラウンド16を突破して準々決勝に残っている。

 いずれはJリーグや日本代表の監督としてキャリアを積む可能性を期待された智将だが、初の中東行きということになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド