「栄光の時代に戻ったよう」 マンU英雄、C・ロナウドの“影響力”称賛「カントナ以来だ」

マンUで活躍したエリック・カントナと復帰したC・ロナウド【写真:Getty Images & AP】
マンUで活躍したエリック・カントナと復帰したC・ロナウド【写真:Getty Images & AP】

ブライアン・ロブソン氏、12年ぶりに復帰し2ゴールのC・ロナウドに期待

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンド、元イングランド代表MFブライアン・ロブソン氏が、12年ぶりに古巣復帰を果たして鮮烈なデビューを飾ったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの影響力の大きさを称賛した。

 ロナウドは2003年から09年までユナイテッドに所属。エースナンバーの“7番”を背負い、中心選手として活躍。レアル・マドリード、ユベントスでのプレーを経て、今夏に電撃復帰を果たした。

 再デビュー戦となった11日のプレミアリーグ第4節ニューカッスル戦にロナウドは先発出場し、いきなり2得点をマーク。本拠地オールド・トラッフォードで躍動し、4-1での勝利に貢献した。

 1980年代から90年代前半にかけてユナイテッドで活躍しキャプテンを務めていたロブソン氏は、英紙「メール・オン・サンデー」で復帰したロナウドに言及。そのセンセーショナルな活躍について「これだけオールド・トラッフォードが興奮に包まれたのはエリック・カントナ以来だ」と、ロナウドと同じく背番号7を背負って活躍した元フランス代表MFにその姿を重ねた。

 同氏は「午前11時45分にスタジアムに行くと、外はすでに満員状態だった。それに本来なら帰宅する時間帯でもファンはその雰囲気を味わうように辺りを歩き回っていた」と、試合当日のスタジアムはファンの熱狂に包まれていたと回想。「普段は売れ残ったり、ラウンジのテーブルに置きっぱなしになっているマッチデープログラムも、クリスティアーノが戻ってきた日ということで品切れになっていた」と、マンチェスターの“ロナウド・フィーバー”ぶりについて語った。

「選手がピッチサイドでインタビューを受けている時に、これほど多くの守衛が選手を守っているのを見たことがない。多くのファンが彼をひと目見ようと、あるいはサインをもらおうとしていた。まるで栄光の時代に戻ったかのようだよ。彼は新たな信仰をもたらした」

 さらにロブソン氏は「彼はワンランク上の選手」「カリスマ性を持っている」とロナウドに対する称賛の言葉を並べている。クラブOBのレジェンドは、帰ってきたスーパースターに大きな期待を寄せているようだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング