メッシを失っても…リーガは“才能の宝庫” 「U-22ベストイレブン」をスペイン紙選出

市場価格を基にしたヤングスターのベストイレブンを選出した【写真:Getty Images & AP】
市場価格を基にしたヤングスターのベストイレブンを選出した【写真:Getty Images & AP】

市場価格を基に22歳以下の逸材を選出、最高額はペドリとフェリックスの104億円

 スペインのリーガ・エスパニョーラは、今季アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(ともにパリ・サンジェルマン)という2大スターを失ったが、将来有望な若手スターはいまだ数多く在籍している。スペイン紙「マルカ」が、市場価格を基にしたヤングスターのベストイレブンを選出した。

 ゴールマウスを守るのは、ポルトガルのスポルティングCPからグラナダに新加入したポルトガル人GKルイス・マキシミリアーノ。市場価格500万ユーロ(約6億5000万円/Transfermarkt参照)の22歳がリスト入りを果たした。

 最終ラインは右からバルセロナの20歳DFセルジーニョ・デスト、セビージャの22歳DFジュール・クンデ、バルセロナの22歳DFロナルド・アラウホ、オサスナの21歳DFマヌ・サンチェスという並び。このなかで最も市場価値が高いのは、セビージャのクンデで6000万ユーロ(約78億円)。今夏にチェルシーへの移籍が噂されたが、セビージャが頑なにオファーを拒否したとされている。それだけ実力と将来性を認められている証しと言えるだろう。

 中盤は3人。今回選ばれた11人のなかで最高額タイの8000万ユーロ(約104億円)と評価されるバルセロナの至宝、18歳のMFペドリ、レアル・ソシエダの22歳MFマルティン・スビメンディ、レアル・マドリードに新加入した18歳のMFエドゥアルド・カマヴィンガの3人が選出された。

 前線はスペインのトップ3クラブから、それぞれ1人ずつが名を連ねた。センターフォワードにメッシの10番を受け継いだバルセロナの18歳FWアンス・ファティ。右に開幕から好調を維持するレアルの21歳FWヴィニシウス・ジュニオール、左に昨季王者アトレティコ・マドリードでプレーする21歳FWジョアン・フェリックスという顔ぶれ。フェリックスはペドリと並ぶ市場価値8000万ユーロだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング