「衝撃的な敗北」 日本のオマーン戦黒星に海外メディア驚き「事態は悪化の一途を…」

日本代表は終盤に失点【写真:Getty Images】
日本代表は終盤に失点【写真:Getty Images】

古橋に注目していたスコットランド紙、日本のW杯最終予選“黒星スタート”に驚き

 日本代表は2日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選初戦でオマーンと対戦し、後半43分の失点で0-1とまさかの敗戦を喫した。FIFAランク24位の日本がホームで79位のオマーンに敗れた結果を受けて、海外メディアも「衝撃的な敗北」と驚きをもって伝えている。

 日本はW杯アジア2次予選で8連勝(46得点2失点)を飾り、グループFの首位で最終予選へ進出。格下のオマーンを相手に序盤から押し込んだが、前半28分の決定機をMF伊東純也が決めきれず、0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半7分には、DF長友佑都がクリアを試みたプレーがハンドと判定されてPKが宣告される。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言で映像確認が行われ、長友が腕をピタリと体につけていたことが明らかとなり、PKのジャッジは取り消された。だが、その後も日本はMF堂安律、MF久保建英を投入するもリズムが悪く、決定機と言えるほどのシーンを作り出せないまま攻撃が停滞。すると同43分、日本の左サイドを突破されてクロスを入れられると、ニアサイドに飛び込んだFWイサム・アブダラ・アルサビにボレーで流し込まれ、土壇場の失点で0-1と敗れた。

 この結果を受けて、セルティックのFW古橋亨梧の動向に注目していたスコットランド紙「デイリー・レコード」は、「セルティックのスターはハーフタイムに投入されたが、オマーンに衝撃的な敗北を喫するのを止められなかった」と報道。「ホスト国にとって事態は悪化の一途を辿ったが、キョウゴとクボが投入されてもオマーンは引き続き好調だった。そしてイサム・アブダラ・アルサビが終盤に突如として決勝点を奪い、彼らは大陸に衝撃を与えた」と伝えている。

 7大会連続のW杯出場を目指し、アジア最終予選グループBで“本命視”されている日本だけに、黒星スタートという結果は海外にも驚きを与えているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング