“大物移籍”が相次いだ今夏プレミア勢 237億円の「リーグ最高額」を投じたクラブは?

大物選手の移籍が相次いだプレミアリーグに注目だ【写真:AP & Getty images】
大物選手の移籍が相次いだプレミアリーグに注目だ【写真:AP & Getty images】

選手個人ではグリーリッシュが151億円で1位、C・ロナウドやルカクら大物も参戦

 夏の欧州移籍マーケットが現地時間8月31日に終了。大物選手の移籍が相次いだイングランド・プレミアリーグのクラブで最も多くの金額を投じたのは、日本代表DF冨安健洋の加入も決まったアーセナルだった。伸び盛りの若手選手を積極的に獲得し、6選手に計1億5680万ポンド(約237億円)の補強となった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 選手個人ではマンチェスター・シティがアストン・ビラから獲得したイングランド代表MFジャック・グリーリッシュの1億ポンド(約151億円)が最高額。インテルからチェルシーに復帰したベルギー代表FWロメル・ルカクの9750万ポンド(約148億円)、ドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに渡ったイングランド代表MFジェイドン・サンチョの7300万ポンド(約111億円)と続く。

 チーム単位では、アーセナルがリーグ最高額の計1億5680万ポンド(約237億円)の補強を敢行した。

 5000万ポンド(約76億円)でリーグ4番目の高額移籍となったイングランド代表DFベン・ホワイト(←ブライトン)を筆頭に、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(←レアル・マドリード/3400万ポンド)、元U-21イングランド代表GKアーロン・ラムズデール(←シェフィールド・ユナイテッド/3000万ポンド)、日本代表DF冨安(←ボローニャ/1980万ポンド)、U-21ベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(←アンデルレヒト/1500万ポンド)、U-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレス(←ベンフィカ/800万ポンド)を獲得。6選手全員が23歳以下と将来への投資にも映るが、チームが開幕3連敗と不振に喘ぐなかでは新戦力への期待も大きくなるだろう。

 アーセナルに続くのはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの復帰でも注目を集めるマンチェスター・ユナイテッドで計1億3370万ポンド(約202億円)。1億ポンドのグリーリッシュ1人の補強にとどまったシティが3番手となった。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング