浦和、アウェー湘南戦でスコアレスドロー リーグ4戦無敗も…ユンカーら攻撃陣不発

浦和レッズと湘南ベルマーレは両者譲らずスコアレスドロー【写真:Getty Images】
浦和レッズと湘南ベルマーレは両者譲らずスコアレスドロー【写真:Getty Images】

湘南と0-0で引き分け、後半に新戦力FW木下ら投入も実らず…

 浦和レッズと湘南ベルマーレが激突したJ1第28節は、両者無得点のスコアレスドローに終わった。

 敵地に乗り込んだリーグ3連勝中の浦和は、MF小泉佳穂が左足にテーピングを巻いた姿ながらもリーグ戦の中断明け初スタメンのピッチに立った。そして、MF関根貴大とMF大久保智明が高い位置を取る3トップに近い形でスタートした。

 しかし、両者とも攻撃の機能性が高くない試合は前半から膠着。その中では浦和が同35分に、大久保とFWキャスパー・ユンカーが絡んだパス交換に小泉のフリーランで湘南の守備組織を崩し、最後は大久保に決定機が訪れたがシュートは枠外。そのまま0-0で前半を終えた。

 後半から浦和のリカルド・ロドリゲス監督は小泉と関根に代えてMF江坂任とFW明本考浩を投入し、オーソドックスなシステムに戻した。すると後半11分に、DFアレクサンダー・ショルツの縦パスを受けた江坂が前を向き、ユンカー、大久保と経由したボールがゴール正面で江坂に回ってきたが、ここでもシュートは枠外に飛んだ。

 一方の湘南は長身FWウェリントンを投入し、シンプルなクロスボールで浦和ゴールを脅かす場面こそあったが、サイドで得たフリーキックやクロスがそのままゴール前を大きく飛び越えてしまう精度の低さが出てしまい、決定機につなげきれなかった。

 浦和は残り15分強でMF田中達也とMF柴戸海の投入で明確な3バックにシフト。ラスト10分を切って、この日は低調な動きだったユンカーに代えて夏のウインドーで新加入して2試合目のFW木下康介を投入したものの、大きなチャンスは生まれずにこのまま0-0で終了し、ここ4戦無敗とした。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得られる3位を狙う浦和にとっても、残留争いが本格化しつつある湘南にとっても痛い引き分け。今季はルヴァン杯のグループステージでも対戦して4回目の顔合わせだった両者だが、3回目のスコアレスドローに終わった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング