C大阪がクルピ監督、マテルコーチの退任発表 新指揮官は小菊コーチが昇格

C大阪はレヴィー・クルピ監督の解任を発表【写真:Getty Images】
C大阪はレヴィー・クルピ監督の解任を発表【写真:Getty Images】

25日の湘南戦で1-5と敗れ、翌26日に双方合意のもとで退任が決定

 J1のセレッソ大阪は26日、レヴィー・クルピ監督、マテルコーチと双方合意のもとで契約を解除し、退任することを発表。同日付けで、小菊昭雄コーチが新監督に就任したことも併せて発表した。

 クルピ監督は今季、1997年、2007~11年、12~13年に続き、自身4回目の指揮を執ってきた。しかし、直近17試合でわずか2勝。25日のJ1リーグ第26節湘南ベルマーレ戦で1-5と大敗を喫し、暫定12位(7勝9分9敗)と苦しんでいた。

 そのなかで翌26日、C大阪はクルピ監督、マテルコーチと話し合いの結果、双方合意のもと同日付けで契約を解除し、退任することが決定。小菊コーチが新監督に就任した。

 小菊新監督のコメントは下記のとおり。

「セレッソ大阪を応援してくださる皆様、いつもセレッソ大阪に熱いご声援をいただきありがとうございます。このたび、監督に就任いたしました小菊昭雄です。まず始めに、コロナの状況下で、多くの方にご声援、サポートいただいているにも関わらず、ご期待に沿えていない現状に対し、大変申し訳ない思いです。今回の監督交代は監督一人の責任ではなく、コーチとして監督をサポートできなかった自分にも責任があると感じており、この事態を重く受け止めております。私は2006年よりトップチームに携わり、歴代の監督から戦術面やチームマネジメント、選手との向き合い方など、多くのことを学びました。これまでの経験、知識、強みを活かし、自分を育ててくれたセレッソ大阪というクラブに全力で還元したいと思っています。チーム、フロント、関係者、そしてサポーターの皆様の力を再結集し、必ず軌道修正できると信じています。ACL、天皇杯、ルヴァンカップのタイトル獲得、そしてリーグは上位を目指し、強い覚悟を持って今シーズンの残りをチーム一丸となって戦い抜くことをお約束いたします。ご声援のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます」


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング