鹿島FW上田綺世、“迷いゼロ”の約25mミドル弾に反響 「Theストライカー」

ゴールを決めた鹿島FW上田綺世【写真:佐藤彰洋】
ゴールを決めた鹿島FW上田綺世【写真:佐藤彰洋】

清水戦の前半18分、パスを受け取って迷わず右足を振り抜いて先制ゴール

 鹿島アントラーズは25日、J1リーグ第26節清水エスパルス戦で4-0と快勝を飾った。先制点を挙げた日本代表FW上田綺世のゴラッソに、称賛が相次いでいる。

 6月20日のリーグ第18節ベガルタ仙台戦(1-1)以来となるスタメンで、1トップに入った上田は、前半18分にゴールをこじ開ける。

 鹿島はプレスでボールを奪い、MFディエゴ・ピトゥカが斜めにパスを入れる。これをフリーの上田が敵陣中央で受けると、ペナルティーアーク後方のゴールから約25メートルの距離からコンパクトに右足を振り抜く。スピードのある力強いシュートはワンバウンドしてゴール左に突き刺さり、先制点となった。

 上田の今季7点目で勢いに乗った鹿島はその後、3点を追加して4-0で快勝。Jリーグ公式ツイッターのゴール動画には、「Theストライカー」「振り向いてからのシュートえぐい」「リアタイで声出た」などと、称賛のコメントが相次いだ。

 U-24日本代表の一員として出場した東京五輪ではノーゴールに終わっただけに、上田にはこの得点をきっかけに再び上昇気流に乗ってもらいたいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング