チェルシー復帰のルカク、移籍後初ゴールを監督も称賛 「なんてスタートだ」

チェルシー移籍後初ゴールを決めたFWロメル・ルカク【写真:AP】
チェルシー移籍後初ゴールを決めたFWロメル・ルカク【写真:AP】

7年ぶりのチェルシー復帰で成長を証明

 チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクは現地時間22日に行われたプレミアリーグ第2節アーセナル戦で加入後初出場を果たし、前半15分にチェルシーでの初ゴールをゲット。その後も相手DFを圧倒するパワーや技術を見せつけ、2-0の勝利に貢献した。マンチェスター・ユナイテッドやインテルなどでの経験を経て格段にスケールアップしてロンドンに帰ってきたストライカーを現地記者も「彼のタッチは完璧だった」と絶賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨季、セリエAで36試合24得点を決め、インテルに10年ぶりのスクデットをもたらした実力はやはり伊達ではなかった。エバートンへ完全移籍した2014年以来7年ぶりにチェルシーに復帰したルカクは、アーセナルとの大一番にスタメン出場。すると前半15分、チェルシーは流れるようなパスワークでアーセナルの守備を翻弄し、最後はイングランド代表DFリース・ジェームズのクロスからゴール前に飛び込んだルカクが押し込んで先制点を決めた。

 ルカクはまだ18歳だった2011年8月にチェルシーに加入。しかし、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスらが所属していた当時のチームではほとんど出番を得られず、ゴールもなかった。最初の加入からおよそ10年の時を経て、嬉しいチェルシー初得点となった。

 その後もルカクは強烈なフィジカルを生かしたプレーで相手DFを寄せ付けず、最前線の基準点として強烈な存在感を示した。そんなルカクの活躍もあり、チェルシーはライバルのアーセナルを2-0で下して開幕連勝スタートとなった。

 試合後、英衛星放送「スカイ・スポーツ」のインタビューで自身のパフォーマンスを問われたルカクは、「支配的だった。そう言っていいと思う」と自画自賛。「毎試合、もっと良くなろうと努力している。まだ道程は長いが、今日は勝てたし、良いスタートだった」と今後のさらなる活躍を誓った。

 チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督も「BBCラジオ5ライブ」のインタビューで「なんてスタートだ」と復帰初戦で結果を残した28歳のストライカーに賛辞を送っている。また、同局で解説を務めるクリントン・モリソン氏も「マンチェスター・ユナイテッドにいたころは彼のボールタッチがあまり良くないという不満を言う人がいたが、今日の彼のタッチは完璧だった。彼はボールを出すタイミング、ボールを持って走るタイミングを理解していて、2点目を取れなかったのは不運だった」とゴールを重ねても不思議ではないパフォーマンスだと主張した。

 ユナイテッドやインテルでのプレーを経て帰ってきたルカクの成長ぶりは、目を見張るものがあったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」