バルサ新加入FW、”タイミングの悪さ”に胸中吐露 「メッシに挨拶さえできなかった…」

PSGに移籍したメッシとバルセロナに移籍したデパイ【写真:AP】
PSGに移籍したメッシとバルセロナに移籍したデパイ【写真:AP】

オランダ代表FWデパイは「ロッカールームの中はみんな良い人ばかり」と説明

 オランダ代表FWメンフィス・デパイは、ロナルド・クーマン監督が就任してからバルセロナへの移籍が報じられ、今年6月に正式決定した。しかし、彼は残念な思いをしているという。スペイン地元紙「エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ」が伝えている。

 クーマン監督は昨年8月にオランダ代表監督の職を辞して、バルサの監督に就任。当時から、オランダ代表の愛弟子だったデパイの獲得を希望していたが、リヨンとの契約交渉が折り合わず。最終的に2020-21シーズン終了後の契約満了をもって、移籍金ゼロでの加入となった。

 デパイがバルサ行きを希望していた理由の一つが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの存在だ。加入直後の会見でも、「メッシと一緒にプレーする瞬間を楽しみにしている」と語っていたが、その思いはメッシがパリ・サンジェルマンへ移籍したことで叶わなかった。

 デパイは「エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ」紙のインタビューで、「メッシと話をすることもできなかった。彼はコパ・アメリカ(南米選手権)を戦った後、休暇を取っていたからプレシーズンの合流が遅かったんだ。だから挨拶もできなかったんだ」と、無念の胸中を打ち明けた。

 それでも、オランダ代表で共闘していたクーマン監督、新しいチームメートたちは彼にとって居心地の良い場所を作っているようだ。

「みんなは僕に良くしてくれるよ。ピケは英語が上手いから、すごく助けてくれる。ジョルディ・アルバも面白い。もちろん、(オランダ代表の)フランキー・デ・ヨング、セルジーニョ・デストも、彼らのことは前から知っているからね。ロッカールームの中は、みんな良い人ばかりだよ」

 熱望していたメッシとのプレーは実現しなかったものの、オランダ代表のストライカーがバルサでどんなプレーを見せるか注目だ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング