構想外のレアルFWにインテルが関心か 海外報道「ストライカーをもう1人探している」

レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ【写真:Getty Images】
レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ【写真:Getty Images】

ジェコをフリートランスファーで獲得したインテルが2人目のストライカーに触手

 レアル・マドリードのセルビア代表FWルカ・ヨビッチは、すでにカルロ・アンチェロッティ新監督の構想外となり、他クラブへの放出が濃厚となっている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、イタリア・セリエAのインテルが関心を示していると報じた。

 2019年夏に他クラブとの競合の末にレアルが移籍金6000万ユーロ(約78億円)で獲得したヨビッチだが、レギュラーの座を射止められず。昨シーズンは古巣フランクフルトに戻ったが、公式戦18試合4ゴール2アシストという結果にとどまった。

 ジネディーヌ・ジダン監督が退任し、今季からレアルを率いるアンチェロッティ監督も、ヨビッチを構想外とみなしたようだ。そして、レアルはヨビッチの売却に3500万ユーロ(約45億円)で応じる見込みだという。

 母国セルビアでは、ストライカーがインテル移籍に近づいていると報じられている。記事によると、「インテルは、ASローマからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコを獲得したばかり。だが、ストライカーをもう1人探しており、ヨビッチが候補となっている」という。また、「レアルとインテルがすでに話し合いを行っており、レアル側が希望するレンタル移籍でインテルに行く可能性がある」と指摘している。

 インテルは今夏、チームの得点源だったベルギー代表FWロメル・ルカクを1億600万ユーロ(約137億円)でチェルシーへ売却。ジェコはフリートランスファーでの移籍となっているが、インテルがUEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得した場合はローマに150万ユーロ(約2億円)を支払うことになっているという。そのため、ヨビッチ獲得の資金は十分にあると言えそうだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング