「彼は行ってしまった」 メッシ、本拠地カンプ・ノウを去る“最後の瞬間”に母国紙注目

バルセロナ退団となったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナ退団となったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

サラリーキャップ問題をクリアできず、下部組織から一筋だったバルサをまさかの退団

 バルセロナは現地時間8日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの退団会見を実施。冒頭で悲しみのあまり涙を流したメッシは、「これから先もこのクラブを愛し続ける」と語るなど、“バルサ愛”があふれ出た。母国紙「Ole」は、メッシが本拠地カンプ・ノウをあとにする瞬間の写真をアップ。ファンからは「悲しすぎる日」といった声が上がっている。

 メッシとバルセロナの間で交わされていた契約は2021年6月30日まで。その後、フリーエージェントとなったことで去就が注目されながらも、先月中旬に5年間の契約延長に口頭合意したと海外メディアが報じ、本人も会見で「家族、そして僕はここで続けて行くと確信していた」と明かした。

 しかし、バルセロナは5日、リーガ・エスパニョーラが定めるサラリーキャップの条件を満たせないために退団すると発表。2億ユーロ(約260億円)も超過していると伝えられ、新戦力の登録ができない状況にあり、すでに契約の切れていたメッシは新戦力に該当するため、契約で合意しても、この金銭的な問題が解決しない限りは登録できなかった。

 クラブは現地時間8日正午から、本拠地カンプ・ノウで退団会見を実施。メッシは会見場に姿を見せたものの、悲しみに堪え切れず目に涙を浮かべると、記者席側の最前列に座っていた妻のアントネラさんから白いハンカチを手渡され、涙をぬぐった。

「ここでのすべての年月での愛情に感謝する。良い時も悪い時も過ごしたけど愛情はいつも一緒だと感じていた。これから先もこのクラブを愛し続ける」

 アルゼンチン紙「Ole」公式インスタグラムは、「彼は行ってしまった」と車に乗り込んだメッシが長年過ごしたカンプ・ノウを去る瞬間を収めた写真をアップ。海外ファンからは「幸せになってほしい」「バルセロナはファンの数が減るだろう」「カンプ・ノウはこれからリオネル・メッシと呼ばれるべき」「悲しすぎる日」「帰ってきてくれ」と悲しみの声が相次いでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング