「いまだに理解し難い」 バルサ監督、メッシ退団に心境吐露「プレーしないなんて…」

バルセロナのロナルド・クーマン監督とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images & AP】
バルセロナのロナルド・クーマン監督とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images & AP】

クーマン監督、公式インスタグラムで電撃退団のメッシにメッセージ

 バルセロナのロナルド・クーマン監督は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの電撃退団をいまだに受け止めきれないようだ。自身の公式インスタグラムで、クラブの“元10番”へメッセージを綴った。

 今年6月いっぱいでバルセロナとの契約満了を迎えたメッシ。コパ・アメリカ(南米選手権)後に新契約を結ぶことが既定路線と見られ、現地メディアも楽観的に報道していたが、現地時間5日に一転して退団が決定。クラブは深刻な財政難を抱えており、再契約締結は不可能となった。

 メッシ自身もこの展開には大きなショックを受けていると言われ、サッカー界全体に大きな衝撃が走った。

 バルセロナを率いるクーマン監督もメッシの退団をいまだに受け止めきれていないようだ。かねてから「メッシなしでプレーするのは不可能」と語るなど、アルゼンチン代表FWの残留を懇願していた指揮官は、自身のインスタグラムで「あなたがもうバルセロナでプレーしないなんて、いまだに理解し難い」と今の心境を吐露し、チームを去るエースへのメッセージを投稿した。

「レオ、あなたがクラブのためにしてきてくれたことすべてに感謝しています。一緒に働いたフルシーズン、私は心から楽しんでいました。仕事に対する熱心さ、勝利の願望に感銘を受けました。その姿勢があなたを世界最高の選手にしたのです。今はただ、あなたと家族の幸せを祈っています」

 大黒柱の退団はバルセロナに大きな混乱をもたらしており、新加入のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロも退団を希望していると報じられた。開幕直前で崩壊の危機に直面するチームを、クーマン監督は立て直すことができるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング