スペインに「恐怖を与えた」選手は? 3人に“5つ星”、U-24日本代表を金田喜稔が採点

日本代表DF旗手怜央【写真:Getty Images】
日本代表DF旗手怜央【写真:Getty Images】

攻守に申し分のなかった冨安「最終ラインで負けていなかった」

<DF>
■旗手怜央(川崎フロンターレ)=★★★★

 攻撃において肝となるパスを通せる選手。久保が抜け出した裏へのボールなど、旗手は1試合のなかで何本か必ずこうしたパスを通せるので、得点が欲しい状況では大きな存在だと改めて認識させられた。スピードとフィジカル、守備時の献身性もスペインを相手にしても計算できるレベルであることを示した。

■冨安健洋(ボローニャ/→ハーフタイムOUT)=★★★★★

 45分間しか出場していないが、総合的に見て5つ星を与えて良いパフォーマンスだった。相手のFWに対して最終ラインで負けることなく、高さでもしっかりとはね返し、1対1での強さ、カバーリングの動き、危機を察知する気づきの部分でも申し分なかった。また硬直した状況のなかで、左サイドを駆け上がってドリブルで前線の選手を押し上げていくなど存在感は大きかった。

■吉田麻也(サンプドリア/→ハーフタイムOUT)=★★★★

 スペインに押し込まれるなかで難しい時間帯もあったが、守備陣を的確に統率。最後の部分で体を張り、前半を無失点に抑えたことは評価していいだろう。本大会でも吉田の経験は、若い選手たちを支えていくはずだ。

■酒井宏樹(浦和レッズ/→ハーフタイムOUT)=★★★★

 開始早々に相手の急所を突くパスをギリギリのところで防ぐと、その後も相手FWダニ・オルモやDFフアン・ミランダらに対して身を挺した守備を披露。前半の無失点に大きく貢献した。また前半35分には、ロングボールに反応してペナルティーエリア右に抜け出し、相手の意表を突くワンタッチクロスで際どいシーンを作るなど的確な判断力が光った。

<GK>
■谷 晃生(湘南ベルマーレ/→ハーフタイムOUT)=★★★★

 ホンジュラス戦に続く先発で、これまでの試合よりゴールを脅かされるシーンが多い一戦に。前半15分にFWラファ・ミルに強烈なシュートを打たれるが好セーブを披露。冷静さを失わずに最終ラインの安定感に一役買った。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング