「まさにマジック」 ネイマール、股抜き→ルーレット→ドリブルの“連続技”に海外驚愕

守備陣3人翻弄したブラジル代表FWネイマール【写真:ロイター】
守備陣3人翻弄したブラジル代表FWネイマール【写真:ロイター】

コパ・アメリカのペルー戦で披露した圧巻のテクニックに海外メディア注目

 ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)は、現地時間14日に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦ペルー戦(4-0)で1ゴールをマーク。切れ味鋭いドリブル突破を見せるなど攻撃を牽引する働きを見せたなか、相手の守備陣3人を翻弄したテクニックに海外メディアが注目している。

 ネイマールは、ペルー戦でスタメン出場を果たすと自慢のテクニックで攻撃を牽引。1-0で迎えた後半23分には、敵陣ペナルティーエリア手前でパスを受けた流れから右足シュートを突き刺し、ベネズエラ戦(3-0)に続き、2試合連続ゴールを奪った。

 ブラジルが2点リードして迎えた後半38分には、ネイマールらしい圧巻のテクニックを披露する場面があった。敵陣でボールを受けたネイマールはペルーMFレナト・タピアとのマッチアップで華麗な股抜きを披露。さらにもう1人のDFが対応に来た瞬間、両足裏を駆使しながらボールをコントロールしプレスを回避すると、3人目にも囲まれながら巧みな技術で相手を翻弄し続けた。

 このプレーに海外メディアが注目し、ポーランドメディア「SPORT.PL」が「ネイマールショー、まさにマジック! ライバル3人を撃破」との見出しで熱視線を注げば、スペイン紙「AS」も「彼しかできないプレー。股抜き、ルーレット、ドリブルのすべてが一つになった。ネイマールは、フリースタイラーとしては誰にも負けないということを再び示した」と、一連の技に驚きをもって綴った。

 コパ・アメリカで2連勝を飾ったブラジルは、前回大会に続く連覇へ好発進。現地時間24日のコロンビア戦では、ネイマールのさらなる活躍にも期待が懸かる。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング