2021-22シーズンの”ユニフォームベスト5”を英選出 「神の一品」と評価されたのは?

新シーズンの”ユニフォームベスト5”を選出(※写真は現在の1stユニフォーム)【写真:AP】
新シーズンの”ユニフォームベスト5”を選出(※写真は現在の1stユニフォーム)【写真:AP】

トップ3はリバプール、PSG、バイエルンのユニフォームがランクイン

 欧州リーグの2020-21シーズンも最終盤を迎え、各クラブは新シーズンのユニフォームが正式発表、ないしはリークされ始めている。そのなかで、英メディア「90min」は、「これまでにリークされたベスト&ワーストの2021-22ユニフォーム」と題し、そのデザインに注目している。ここでは、ベスト版のトップ5を紹介する。

5位 アトレティコ・マドリード(ホーム&アウェー)
4位 インテル(ホーム)
3位 リバプール(アウェー)
2位 パリ・サンジェルマン(ホーム)
1位 バイエルン(アウェー)

 5位のアトレティコは、チームカラーのロス・ロヒブランコ(赤と白)のストライプ柄が目を引くが、白がラフなペイント仕様になっており、アウェーのネイビーブルーと合わせて、「見栄えがいい」と紹介されている。

 4位には“へび柄”が取り入れられたインテルのホーム版、3位にはリバプールのポロシャツ仕様アウェー版がランクイン。リバプールのユニフォームに関しては、「美しく繊細なクリーム色のデザイン」「サッカーではシンプルさが時にベスト」と称えられている。

 2位のPSGはすでに正式発表されており、「白の文字と円形型の襟が施されたシンプルなネイビーユニフォーム。ミニマリストの美しさ」と高く評価された。そして、1位はバイエルンのアウェー版で、黒ベースにゴールドを差し色で使用しているのが特徴。記事では、「デザインはとてもカッコいい。2022年にストリートウェアでセンセーションを起こすだろう。バイエルンは神の一品を生み出した?」と絶賛されていた。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング