ジダン監督、薄紫色の“パジャマ風”ルームウェアが反響拡大 「ソファーとマッチング」

レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督【写真:AP】
レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督【写真:AP】

ジダン監督が「ワールドブックデー」の23日、SNSに部屋でくつろぐラフな姿を投稿

 スペインの名門レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、「ワールドブックデー」(世界図書・著作権デー)に設定されている4月23日に公式インスタグラムにアップした一枚の写真が、海外メディアでも取り上げられるなど反響が拡大している。

 ジダン監督は現役時代、イタリアの強豪ユベントスとレアルで一時代を築き、バロンドール受賞やワールドカップ制覇など数々の栄光を手にした。指導者としても、レアルでUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を果たすなど、サッカー界のレジェンドとして名を馳せている。

 そんなフランス人指揮官の“オフの顔”が注目されている。ジダン監督が「ワールドブックデー」の4月23日にインスタグラムで公開した写真では、部屋の一室でくつろぐ様子を収めているが、薄紫色のスウェットパーカーをかぶり、本を片手にカメラ目線で微笑んでいる。

 スペイン紙「AS」のエンタメサイト「Tikitakas」は、「ジダンの印象的なルックス:ソファーとマッチング」との見出しでレポートを展開。「レアルの監督は、犬を連れて自宅で静かに読書をしてブックデーを祝ったが、彼の服装は議論を巻き起こした」と綴り、ソファー、クッション、パーカースウェットが同じ紫系統で同化しているようだと伝えた。

 また、記事では、ジダンがフランス語の著書「思考の本:幸福の基礎」を手にしている点や、インスタグラムに「彼は嫌いにはなれない」といったコメントが寄せられていることを紹介している。

 スーパースターは、その一挙手一投足が注目されるのが宿命と言える投稿となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング