ハーランド、無念のドローでヒートアップ 相手選手にユニ放り投げで酷評 「傲慢」

ドルトムントでプレーするFWハーランド【写真:Getty Images】
ドルトムントでプレーするFWハーランド【写真:Getty Images】

ケルンDFメレに放り投げるようにユニフォームを渡してロッカールームへ直行

 ドルトムントは現地時間20日、ブンデスリーガ第26節ケルン戦で2-2と引き分け、勝ち点1の獲得に終わった。下位チームに苦戦を強いられ、全2得点を挙げたノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドはタイムアップと同時に自身のユニフォームを相手選手に放り投げてピッチを去り、非難が殺到している。

 ドルトムントは前半3分、ドイツ代表MFエムレ・ジャンのロングフィードをペナルティーエリア内で受けたハーランドが、絶妙なドリブルから相手GKとの1対1を制して先制に成功する。

 しかし、前半35分にPKで同点とされると、後半20分には勝ち越しを許してしまう。後半45分に右サイドを苦したFWアンスガー・クナウフのクロスを、ハーランドがファーサイドでスライディングしながら合わせて2-2に追いついたが、14位のケルン相手に勝ち点1の獲得にとどまった。

 ハーランドは試合展開にフラストレーションが溜まっていたのか、タイムアップと同時に脱いだユニフォームをケルンのスペイン人DFホルヘ・メレに放り投げるように渡し、足早にロッカールームへと下がっていった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー番組「ESPN FC」公式ツイッターは、「フルタイムを告げるホイッスル後、ハーランドはハッピーには見えなかった」とその一部始終を収めた動画を投稿。海外ファンからは、「(メレへの)リスペクトに欠ける」「無礼で傲慢」「嫌いになった」「クレイジーだ」といった非難の声が次々と上がった。

 ゴール量産で世界中の注目を集めるハーランドもまだ20歳。こみ上げる感情をコントロールしきることができなかったのかもしれない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド